“ださい”チラシ脱出法

チラシ デザイン

“ださい”チラシ脱出法

友人がパソコンにはいっているソフトで頑張ってチラシをつくっていたのですが、相談をうけました。
「チラシがんばってつくってみたけど…なんかださい…どうすればいい?」とデザインを普段お仕事にしていない人がチラシを作ると、なぜかださくなってしまう。よくあることじゃないかなーと思い、そんなだささから脱却する方法を実体験から考えました!
まず、フォント。チラシのデザインでフォントの選択はしっかり考えましょう。
なんとなくこのチラシださいな…とかおしゃれだな…とか、そのフォントひとつの選び方でチラシの印象がかわります。
スーパーのチラシなどに使われている、過去に手書きポップで使用されたような文字は、スタイリッシュにデザインされたチラシでは不向きですし、ポップにデザインされたチラシには明朝体の文字は不似合いだったりします。
そして、色。Officeにはいっているような虹色の文字などは使うのをやめましょう。
色を選択する時は、同系色とそれに合うアクセントカラーを選ぶとデザインがひきしまり、チラシがすっきりみえます。
また写真は薄暗い写真などはしっかり、明るさを調整しましょう。
デジカメなどでは写真の調整ソフトがついてきますので、そういったものを利用し、暗い写真より物がはっきりと見えるチラシを使いましょう。
この3点を抑えるだけでも、だささから抜けだしたチラシに成長できるとおもいます!