写真の撮り方

チラシデザインで載せる写真を決める時、最近ふえてきたのがクライアントさんからスマホでとった写真をチラシの素材として使ってくださいと送られてくることです。
確かに最近はカメラ代わりになってますし、手軽に撮れるものではありますが、印刷にすると解像度がたりません。チラシの原稿にのせるには300dpiぐらいなぁ…と個人的には思っています。
よく言われる基準としては350dpiかな??
dpiは解像度のことで、このへんはややこしくなるので割愛しますが…このスマホの写真、チラシのデザインに使えるな!と思ったらdpiが足りているか確認してください。方法はWindowsならパソコンでその写真のファイルを右クリック→プロパティ→詳細タブ、水平・垂直方向の解像度。Macならプレビューでコマンド+Iで確認することができます。
この解像度が足りないチラシを印刷するとどうなるかというと…写真がぎざぎざしているということになったり、はっきり印刷されなくぼやけたかんじになってしまいます。
チラシで写真をのせることはものすごーく重要なんですが、その写真がぼやけていたら…チラシの魅力が減ってしまいます。
携帯で撮影した写真で印刷に使えるのは、かなり小さい大きさの写真に変更してデザインに入れるぐらいにしか使えません。それでも無理やり使っている感じがしますが…。
なので、チラシを作る時は手元の携帯写真で間に合わせるのではなく、ちゃんとしたデザインに仕上げるために、デジカメなどで撮影をしましょう。
デジカメでも、解像度の設定があるので、その設定にも気をつけてくださいね!